通販での購入

パソコン印鑑のネット通販を展開しているショップもたくさんあります。印鑑専門店がネットショップを立ち上げているケースもあれば、ネット専業で運営しているようなショップもあります。ネット通販で印鑑を購入するメリットとしては、どこに住んでいても簡単に印鑑を購入できるということが挙げられます。

自宅の近くに印鑑専門店がない場合だとネット通販は重宝です。インターネット環境さえ整っていればいつでもどこからでも商品を注文できますし、あとは自宅で商品が届くのを待つだけです。ほとんどの通販ショップではクレジットカード決済や代引き、コンビニ払いなど多彩な支払い方法に対応しているところが多いので、自分の好きな方法で決済することも可能です。このように、印鑑のネット通販にはメリットが多いことが特徴です。

デメリットは基本的にありませんが、届くまで実物の素材に触れることができないことや、その日のうちに商品を受け取れることが少ないということが挙げられます。注文を受けてから作る場合はもちろんですが、梱包や発送の手間などもありますから日にちがかかります。在庫が豊富で対応の早いショップもありますが、それでも1~3日ほどは見ておく必要はあるでしょう。最近ではスピーディーな発送を強みとするお店も増えていますから、急ぎの場合はそうしたショップを選ぶとよいでしょう。

参考_いいはんこやどっとこむ®
スピード出荷対応をしている印鑑通販サイトです。

店舗での購入

印鑑を専門に扱うお店で角印を作ってもらうことができます。印鑑の専門店の中には、個人で経営している老舗のお店もあれば、チェーン展開しているような比較的規模の大きなお店もあります。自宅の近くにこうしたお店があるのなら直接足を運んでみるのも良いでしょう。

印鑑実店舗で購入するメリットとして、直接お店のスタッフと顔を突き合わせてやり取りできるということが挙げられます。スタッフや店主と直接会話することによって信頼できるお店かどうかを判断することもできるでしょうし、いろいろ質問をすることも可能です。ダイレクトかつスムーズなやり取りができますし、その場ですぐに注文することも可能であるということが大きなメリットと言えるでしょう。

デメリットとしては、そもそも近くに印鑑の専門店がないこともあるということです。印鑑の専門店はそこら中にたくさんあるわけではありませんし、近所にないと簡単に足を運ぶことができません。また、チタンなどの高価な素材を用いた角印を作るとなるとそれなりの費用が必要になりますが、個人経営の老舗店などの場合だとクレジット決済に対応していないことも考えられます。こうしたデメリットがあることも覚えておきましょう。

印鑑の購入方法

角印さまざまなシーンで用いられている角印ですが、もっとも多い用途としては会社の認め印として使われるケースではないでしょうか。多くの企業で角印が認め印として用いられており、一般的には社名のみを彫ったタイプの印鑑が多い傾向にあります。請求書や領収書などに使うこともありますし、大切な契約書への押印をするときに角印が用いられることもありますから、法人にとっては特に用途の多い印鑑と言えるのではないでしょうか。

角印に使用される材質もまちまちです。木に彫った比較的安価なものもあれば、黒水牛やチタンといった高価な素材を使用しているケースもあります。法人の印鑑として使われることが多いため、比較的上質なマテリアルを選択することが多い傾向にありますが、使用頻度の少ない企業だと安価なもので済ませてしまうこともあります。高価な素材を使用しているほうが耐久性などについても安心ですし、見た目にも高級感があります

角印を購入するには専門店で作ってもらうことになります。社名などを彫ってもらう必要があるため、基本的に専門店への依頼となることは間違いないでしょう。角印を購入する方法は、直接お店に足を運んで製作依頼する方法と、ネット通販を利用する方法に分けられます。このサイトでは、それぞれの購入方法におけるメリットやデメリットなどについてご紹介しますから、近々角印を作ろうと考えているという方は参考にすると、今後役に立つこともあるでしょう。